WordPressを利用して動画の再生数をカウントする方法3

動画を再生するページにフォームを埋め込む

動画を埋め込んだページをElementorで編集を選択して開きます。

そして、「ショートコード」を動画の下にドラッグ&ドロップして設定します。

設定出来たら、先ほどコピーしたショートコードをペーストしてください。

完了したら「更新」ボタンをクリックして画面を保存しておきましょう。

さて、このままだと動画の下に、フォームが表示されたままでかっこ悪いです。

次の目的としては、このフォームを見えないようにすることです。

フォームを隠す

作成したページをプレビューしてください。

そして、ブラウザの開発者ツールを開いてフォームの要素にフォーカスを当てましょう。

すると、フォームのdiv要素にidが設定されているのが分かります。

どうやら、ページ、フォームの数によってidが振られるようです。

このidをコピーしてください。

画面左上の三本メニューをクリックして「ダッシュボードに戻る」をクリックしてください。

Elementorを終了させます。

通常の編集画面になると画面下に「Scripts n Styles」のプラグインによりCSSやJavaScriptが記述できるエリアが表示されています。

「Styles」タブをクリックして下記内容を入力してください。

#コピーしたid {
    display:none;
}

画面右上の「更新」ボタンを押してCSSを登録して、再度、画面をプレビューしてみると、フォームが非表示になっているはずです。

もし非表示になっていなければ、コピーするidを間違っているかもしれません。

再度、開発者ツールで確認してみてください。

トップへ戻る