業界未経験男の初めてのシステムエンジニア業務

これは、2015年に私がサービス業を退職した直後の投稿を纏めたものです。

2016年3月3日~初めての案件は?

さて、先週1週間で、1つ目の案件が完了しました(=゚ω゚)ノ

初日に、案件内容の説明がありましたが、内容は簡単そう。

現状、稼働しているWEBサイトの、特定のページにphpで出力されている一覧に対し、小見出しをページ上部に作成し、それにアンカーリンクを付けるというもの。

話を聞いたときは、簡単だろうと思っていました。

が、

いざ、ページのソースやプログラムのソースを覗いてみたら、

何だこりゃ!?( ゚Д゚)

と言いたくなるような内容。

実際に稼働している、WEBサイトの構造や内容が予想よりも複雑。

どこをどういじったら良いものか、判断に迷う。

内容を把握するまでに、2日もかかった((+_+))

最初に設計書も見せてくれていたので、それをじっくり読めばある程度は理解できたのだが、ソースを読むことに必死で、忘れていました。

案の定、先方から催促が。

乗り切った方法とは?

残業こそしなかったものの、家に帰っても、ググりまくり。

何とか、良い関数や、サンプルソースを見つけ、何とか形に…(;^ω^)

実際に、サーバ環境で動いているものを見ると、ちょっと一安心(;´∀`)

でも、ここからが本番でした。

作成したプログラムに対して、プログラム設計書や画面設計書の改修作業が…((+_+))

はっきり言って、プログラム作ってるより、設計書書き直してる時間のほうが長かったかも。

しかも、最終日には、表示テストと、仕様書&報告書の作成まで…。

予測していたプログラマーのお仕事より、やることが多い”(-“”-)”

これがシステムエンジニアのお仕事か~と思いました。

出向するまでに、設計書や仕様書、テストに関して、ちょっと勉強しておいたおかげで、何とか全ての作業を完遂することが出来ましたが(;^ω^)

いざ終わってみると、何だか勢いでやってしまった部分が多いので、達成感より不安のほうが大きい(´・ω・`)

  • あのプログラムで本当に問題ないのか?
  • あの設計書で、次に読む人は理解できるのだろうか?
  • あの報告書でお客様は納得してくれるのだろうか?

考えると不安しか浮かばない…

先方は、OKを出してくれたので、大丈夫だとは思うが。

考えても仕方がない。

今週から、次の案件が始まっている。

頭を切り替え、次の内容を試行錯誤している毎日です(´・ω・`)

前回の反省を活かし、今回は納得のいくプログラムを。

理解できる設計書を。

納得のいく報告書を仕上げていきたいと思う。

ちなみに今回の案件内容も、ほぼ完成♪

でも、先方からは、次から次へと新しい要望が…。

勉強にはなるが、頭がパンクしそうだ((+_+))

まとめ

phpって、だいたい何でもできる!!!

調べれば、その処理の関数が用意されてる。

プラス。

javascriptを理解していると、WEBサイトのほとんど作れる♪

自分が、学んできた内容が間違っていなかったことに、安心する今日この頃です( *´艸`)

まだまだ、グーグル先生のお世話にならないと、プログラム1つ作れない状況ですが、頑張っていきます(^.^)/~~~

トップへ戻る