必ず覚えておきたいショートカットキー

システムエンジニアとして約5年ほど活動しているが、

パソコンのキーボードのみで仕事をしている人を見るとかっこいいと思う。

私も、一時期どれだけマウスを使わずに仕事ができるか挑戦していた時期がある(笑)

今回は、そんな経験からシステムエンジニアとして最低限覚えておきたいショートカットキーをご紹介します。

Ctrlキーを使用するショートカットキー​

Ctrlキーと何かのキーを同時に押すショートカットキーのご紹介です。

だいたい左手の小指でCtrlキーを押して、左手の小指以外で他のキーを同時に押します。

「Ctrl」+「C」、「Ctrl」+「V」

非常によく使います。コピー&ペーストのショートカットキーです。

このショートカットキーを使用しない人はいないでしょう。

新人エンジニアでマウスの右クリックを利用している人を見かけるが、

そういった人は、長続きしていないように思われる。

そのくらい常識的なショートカットキーだ。

「Ctrl」+「X」

切り取りのショートカットキーです。

コピーではなく、切り取り&ペーストをするときに利用します。

あまり、利用されませんが記述した内容を、そのまま移動するときに使います。

「Ctrl」+「Z」

元に戻すショートカットキーです。

入力した文字や、変更内容を一つ前に戻すために利用します。

コードを記述して動作確認をしているときに、誤った記述を元に戻すために利用します。

「Ctrl」+「Y」

元に戻したものを取り消すショートカットキーです。

Ctrl+Zで戻した内容を取り消すために利用します。

Ctrl+Zで戻したものは、全てCtrl+Yで復元していくことができます。

(最近のソフトウェアで自動上書きをしていると、元に戻せなかったり復元できないこともあります)

「Ctrl」+「A」

これも、エンジニアとしてはよく使います。全選択のショートカットキーです。

テキストエリアの中の文字をすべて選択するときに、マウスでダブルクリックする手もありますが、このショートカットキーで解決です。

「Ctrl」+「S」

必ず覚えておいてください。上書き保存のショートカットキーです。

ほぼ全てのソフトウェアで利用されていて、保存をするためのものです。

エンジニアとして、記述した内容が消えないように、常に保存をしておく癖をつけましょう。

私の場合、ワードプレスで記事を作成しているときも、癖でCtrl+Sをしょっちゅう押してしまいます(笑)

(ちなみにワードプレスの場合、何もおきません)

「Ctrl」+「F」

ブラウザや大体のソフトウェアでは検索。

ページ内の探したい単語がある時は、Ctrl+Fキーを押して文字列検索をする。

「Ctrl」+「R」

大体のソフトウェアでは置換。

置換したい文字列がある時に、Ctrl+Rキーを押して文字列の全置換を実施する。

「Ctrl」+「Home」

ブラウザやソフトウェアではページの先頭に移動。

ブラウザでは、単純にHomeキーでも先頭に移動するが、ソフトウェア内ではCtrl+Homeキーで先頭に移動できることが多い。

「Ctrl」+「End」

ブラウザやソフトウェアではページの最後に移動。

ブラウザでは、単純にEndキーでも最後に移動するが、ソフトウェア内ではCtrl+Endキーで最後に移動できることが多い。

「Ctrl」+「左クリック」

ブラウザでリンクを開くときに、別タブで開く。

マウスのホイールをクリックでも同じ動作をするが、私的にはホイールがクリックしにくいので、リンクを新しいタブで開きたい時は、左手でCtrlキーを押したまま左クリックするようにしている。

その他のショートカットキー

Ctrlキー以外のキーでよく使われるショートカットキーをご紹介します。

「Tab」、「Shift」+「Tab」

Ctrl+Aと合わせてよく使います。移動のショートカットキーです。

ブラウザで使用すれば、テキストエリアやボタンなどのマウスで操作可能な場所を移動していきます。

Tabキーで時計回りに移動。Shift+Tabキーで反時計回りに移動していきます。

テキストエリアまでTabキーで移動して、Ctrl+Aで全選択はよく使用しますね。

また、文字を入力しているときに、予測が表示された時に選択する場合にも利用します。

euripusやVisualStudioを利用している時のコードの予測変換や、HTML編集時のインデントにも利用される非常に重要なキーです。

「Alt」+「Tab」、「Alt」+「Shift」+「Tab」

開いているソフトウェアやフォルダーを切り替えるショートカットキーです。

わざわざマウスでソフトウェアやフォルダーの切り替えをする必要がありません。

Shiftを付け加えると、切り替える順番が逆になります。

基本はAlt+Tabで切り替えて、行き過ぎた時にShiftを付けて戻ります。

「Alt」+「F4」

開いているソフトウェアやフォルダーを閉じるショートカットキーです。

保存されていない場合は、保存するかのダイアログが表示される場合が多いです。

ブラウザでAlt+F4キーを押すと、全てのタブが閉じて終了しますので気を付けてください。

「Shift」+「↑、→、↓、←」

これも、非常によく使用します。文字やファイルなどを複数選択するショートカットキーです。

文章の行頭にカーソルを合わせ、Shift+↓キーで行の全選択。

そして、Ctrl+Cでコピー、Ctrl+Vでペースト。

文章のカーソルを合わせた位置から、Shift+→キーで文字の複数選択。

そして、Ctrl+Cでコピー、Ctrl+Vでペースト。

と、利用頻度は非常に高い。

「F7」

入力した文字をカタカナに変換するショートカットキーです。

「F8」

全角を半角に切り替えるショートカットキーです。

「F9」

ローマ字入力している時に、入力文字を英語に変換するショートカットキーです。

複数回押すことで、大文字、小文字、頭文字だけ大文字と切り替わります。

F9キーで英語にして、F8キーで半角にする利用方法が多いです。

「F12」、「Ctrl」+「Shift」+「I」

ブラウザの開発者ツールを開く。

WEB開発を実施していると、ブラウザの表示の確認やJavaScriptの確認をすることが多い。

そんな時に、利用するのが開発者ツールだが、F12キーで開くことができる。

Chromeのショートカットキー

WEBサイトの開発に欠かせないChromeのショートカットキーをご紹介します。

「Ctrl」+「PageUp」、「Ctrl」+「PageDown」

複数開いている「タブ」を切り替えるショートカットキーです。

Ctrl+PageUpで時計回りに、Ctrl+PageDownで反時計回りにタブを切り替えられます。

「Ctrl」+「T」

新規タブを開くショートカットキーです。

新しいタブを開くことができます。

「Ctrl」+「W」

タブを閉じるショートカットキーです。

アクティブになっているタブを閉じることができます。

「Ctrl」+「E」

アドレスバーにフォーカスするショートカットキーです。

アドレスバーにフォーカスを移動して、検索を実施することができます。

Excelのショートカットキー

システムエンジニアに必須なExcelのショートカットキーをご紹介します。

「Ctrl」+「PageUp」、「Ctrl」+「PageDown」

複数開いている「タブ」を切り替えるショートカットキーです。

Ctrl+PageUpで時計回りに、Ctrl+PageDownで反時計回りにタブを切り替えられます。

「Ctrl」+「ー」

セル、行、列を削除するショートカットキーです。

削除したいセルや行、列でCtrl+ーを押すと、セル、行、列を削除することができます。

「Ctrl」+「Shift」+「+」

セル、行、列を追加するショートカットキーです。

セルや行、列を挿入したいところでCtrl+Shift++を押すと、セル、行、列を追加することができます。

まとめ

数あるショートカットキーの中から選定してご紹介させていただきました。

これらのショートカットキーは、システムエンジニアやWEBエンジニアには最低限必須のショートカットキーになります。

もし、WEBエンジニア、システムエンジニアになろうと思っている人、なって間もない人は覚えましょう。

これだけ覚えておけば、実務で優秀な人材に見られますよ( *´艸`)

トップへ戻る