ゼロから始めるホームページ作成~2~

HTMLファイルのベースとなるテンプレート

ゼロからホームページを作成するときに、最低限必要な情報を記述したテンプレートです。

下記をコピペしてファイルを作成してください。

<!DOCTYPE HTML>
<html lang="ja">
<head>
	<meta charset="utf-8">
	<meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1">
	<title>タイトル</title>
	<style>
	
	</style>
</head>
<body>

</body>
</html>

簡単な説明

<!DOCTYPE HTML>

このファイルはHTML5で記述されたファイルですよ~とブラウザに認識させるための記述です。

実は、記述しなくても表示はされますが、形式上記述してあげましょう。

<html lang="ja">
~
</html>

ページ全体を囲むタグです。

属性はlang属性を指定します。

テンプレートの記述「ja」は日本語のWEBページであることを表現しています。

<head>
~
</head>

ブラウザに表示されない部分を記述する場所です。

ページのタイトルや読み込む外部ファイルを記述します。

<meta charset="utf-8">

このページが文字コード「UTF-8」で記述されていることを表しています。

これを記述しないと、文字の表示がおかしくなるので、必ず記述しましょう。

<meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1">

レスポンシブなページを構築する場合に必要な記述です。

これを指定しないと、スマフォやタブレットで画像や文字が小さく表示されます。。。

いまだに見かけますよね。。。

<title>タイトル</title>

WEBページのタイトルです。ブラウザのタブに表示されたり、検索結果のタイトルに使用されます。

かっこいいタイトルを考えましょう。

<style>
~
</style>

ブラウザに表示される文字や画像のレイアウトを調整するCSSを記述する場所です。

HTMLファイル内に記述する方法をメインでご紹介しますが、外部ファイルとして読み込む方法もあります。

<body>
~
</body>

ブラウザに表示される文字や画像を記述する場所です。

次回からこの場所に記述する内容をご紹介していきます。

まとめ

今回ご紹介したHTMLのテンプレートは、今後の記事のテンプレートとして使用していきます。

このテンプレートを利用すれば、最低限のWEBページの内容は賄えると思います。

是非利用してください。

トップへ戻る